感謝状プレート製作専門店【感謝状プレート専門店】

データ作成時の注意点

電脳プレートデータ入稿の場合 完全データで作成の場合、データに不備がありますと印刷物が意図しない印刷結果になったり、納期が遅れたりする可能性がございます。以下にデータ作成時の注意点を記載いたしますので、しっかりと確認したうえでデータ作成をお願いいたします。

データ作成について

Illustratorのバージョン IllustratorのCC以下で保存してください。
ファイル形式 Illustrator AI
カラーモード CMYKカラーを指定 →詳細
フォント アウトライン化 →詳細
使用できる画像形式 300dpiのPhotoshopEPSまたはJPEGファイル →詳細
出力見本 出力見本は[sample.jpg]と名前を付け、入稿ファイルと一緒に入稿 →詳細
フォルダ構成 アウトライン済みAI / 配置した画像(eps.jpgなど) / 出力見本(jpg) →詳細

プレートデータ作成時には必ずご確認ください

データ作成の注意点

■カラーモードについて

カラーモードCMYKにてデータを作成してください。
特色・カスタムカラー・RGBは使用しないで下さい。指定どおりの色で印刷できません。

データ作成はCMYKで作成してください
<カラーモードはこちらより確認できます>
配色もCMYKにて指定をお願い致します
<配色もCMYKにて設定してください>

■アウトライン化について

【操作手順】データを全選択→「書式」タブのクリック→「アウトラインを作成」をクリック

イラストレータでのアウトラインの作成方法

アウトライン化されていないと、弊社でファイルを開いた際に書体が正しく反映されないことがございます。アウトライン処理を忘れた場合、作成したデータとは違う仕上がりになったり、印刷に進めず納期が遅れたりする可能性がございますのでご注意ください。

<アウトライン作成前のデータ>
アウトライン化する前のデータ
<アウトライン作成後のデータ>
アウトライン化した後のデータ

■罫線の描き方と線幅について

罫線は「塗り」ではなく、「線」で色を作成してください。
また、線幅は0.3pt以上の太さにて作成をお願い致します。線が細すぎますと印刷が出来ない場合がございます。

罫線の細さと描き方

■原稿の範囲について

原稿範囲をあらわす罫線は必ず作成してください。サイズは以下のようになります。
*べた塗りの場合は必ず5mmの塗り足しをつけてください。

罫線の細さと描き方

■画像の解像度について

画像の解像度は原寸で300dpi程度になるよう作成してください。
解像度が低い場合、印刷したときに画像が粗くなってしまいます。

■フォルダの構成について

フォルダの中身には「アウトライン化したAIファイル」「配置した画像データ」「出力見本」を入れて入稿してください。 出力見本は[sample.jpg]と名前を付けJPEGで保存し、入稿ファイルと一緒に入稿してください。

フォルダ構成

困った時は、ご連絡ください。

自動見積
見積商品
お問い合わせはこちら
営業案内
営業日/月〜金
休業日/土日祝及び弊社休業日
TEL 0778-51-8578
受付時間/AM9:00〜PM6:00
(メール、FAXは24時間受付可能ですが、返信は営業日内となります)
株式会社システムグラフィ
〒916-0038
福井県鯖江市下河端町414

営業カレンダー

2018年 12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2019年 01月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31